京玉です。

 

情報商材アフィリエイト講座(3)を始めていきたいと思います。

 

前回の記事はこちらから➡情報商材のアフィリエイト講座(2)【DRM編】

 

情報商材アフィリエイト講座(1)、(2)と進めてきましたが

いかがですか?

DRMの手法についてはお話ししましたが、

DRMを実践するうえで非常に大事になってくるのが

ライティングのスキルだということなんです。

 

アフィリエイトに、ライティングのスキルは本当に必要か?

 

私のブログでも、この件に関しては

割としつこく言っているのですが、やはり、

これは外せないんですね!

 

ネットの世界では、情報が溢れています。

その情報は、すべて、文章によって成り立っていますよね。

 

ビジネスをやるうえで、言葉を組み合わせていくのですが、

レベルの低い文章なら、当然人は読んでくれませんよね。

 

そうすると、ビジネスに支障をきたしてしまいます。

 

要は、売れるものも売れなくなってしまうんですね。

 

このブログにしても、読む人がいなければ

ただの、日記です。

 

それでは、収益なんか見込めないので

ビジネスとしては、成り立っていかないでしょう。

 

せっかくアクセスの多い媒体を運営していても

紹介する、商品が売れるかどうかは、

まさに、文章力にかかっているのです。

 

アフィリエイトは、ライティングのスキルが

最も大事だといえます。

 

アフィリエイトでの上手なライティング

 

アフィリエイトでは、商材を紹介して、その商材を

いかに、購買に導いていくかが大事な点です。

 

ちょっと考えてみて下さい、

あなたは、情報商材を買う時

どのようなことがあれば購入するのでしょうか?

 

色んな条件があると思いますが、

最終的には、それが、どうしても欲しいと

思うことではないでしょうか?

 

値段や、特典、誰の紹介か、セールスページの内容、

自分でちゃんと使えるのか、

など、条件がありますよね。

 

そして、セールストークや文章に導かれて

購入を決めていますよね。

 

そこには、感動させる文章や、

説得力のある文章、面白くためになる文章が

ちりばめられています。

 

でも、感動したり、面白いと思ったり、

あ~ためになるなと思ったりするだけでは

まで無理なんですね。

 

そこに一番必要なのは、

そのあと、これ、欲しい

心から思わせることが出来るかどうかなんです。

 

この「欲しい」と思わせることが出来る

ライティングのスキルが高ければ高いほど

上手な文章であるということが出来ます。

 

ライティングとは、ただ上手な文章を書くということだけではない

 

ただ単に、ライティングというと、コピーライティングのスキルを

上げることを重要視する人がいますが、

それだけではだめです。

 

もちろん、コピーライティングのスキルは

大事になってきますが、

先ずは、自分で記事が、早く書けるようになることが

重要です。

 

「いつまでたっても、初心者です」という、

片手でしかタイピングできませんでは

話にならないということです。

 

一日、1000文字の記事を1時間かかって書くよりも

1000文字なら、30分でできますのほうが

もちろん、仕事も早いですし、効率が倍から違ってきます。

 

そのあたり、耳が痛い人もいるかと思いますが、

私も初めは、500文字で、1時間以上かかっていました(笑)

 

で、やはり、継続する力が、とても大事なんです。

 

心理学的な

人の購買意欲のあげる方法や、

感動する文章の書き方などは

色んな書籍や、教材などで

勉強することは可能です。

 

しかし、文章のクオリティーを上げるには、

記事を書いて書いて書き倒すことが一番の近道なんです。

 

暇があれば、ドンドン記事を書いて行って下さいね。

やった事は、必ず自分の宝になっていきます。

先ずは楽しんで始めていきましょうね。

 

今回はこれぐらいで終わりにします。

次回も、楽しみにしていてくださいね。

 

ありがとうございました。

 

 

 

京玉へメッセージを頂けると嬉しいです

メッセージはこちらから